クレジットカード攻略ガイド

マイルが貯まるクレジットカード

マイルは日常生活で航空会社提携のクレジットカードを使うことでどんどん貯めることができます。
貯まったマイルは、無料で飛行機に乗れる特典航空券などへ交換できます。
このページでは、JALとANAのマイルを効率的に貯められるクレジットカードをご紹介します。

JALカードをチェック! ANAカードをチェック!

そもそもマイルとは? マイルの貯め方・使い方について

クレジットカードでのマイルの貯め方

提携カードを使うとマイルが貯まる

クレジットカードでマイルを貯めるには、日常生活におけるあらゆる支払いで可能な限りそのカードを利用しましょう。
高額な決済はもちろんのこと、普段のスーパーやコンビニの支払いでも積極的にカードを利用しましょう。
そうすれば、飛行機に乗らなくてもマイルが貯まり、国内旅行1回分くらいのマイルなら簡単に貯められます。
例えば、毎月10万円のカード決済があれば、月間1000マイル、年間で12000マイルくらい貯まり、無料で国内旅行に行けます。

マイルの使い方

マイルを航空券に交換できる

JALとANAでは、マイルの使い方のルールがやや異なります。JALは通常マイルとディスカウントマイル期間に分かれており、ANAはハイシーズン、レギュラーシーズン、ローシーズンの3つに分かれています。そして、それぞれで必要なマイル数が設定されています。必要マイル数は、ゴールデンウィークや年末年始などの航空券の価格が高騰する時期のほうが多くなります。しかし、航空券の代金の上昇幅に比べると、必要マイル数の変動は小さく、かなり割安な水準と言えます。そのため、マイルはこのような時期に特典航空券に交換するともっともお得になります。なお、特典航空券は自社便だけでなく、JALであればワンワールド、ANAならスターアライアンスといった各社が加盟する航空提携社のチケットに交換することもできます。

マイルを貯めるなら、航空会社のクレジットカードがおすすめ!

マイルを賢く貯めるには、航空会社と提携しているクレジットカードに加入するのが一番です。最初にJALカードやANAカードのなかから自分に合った1枚を選びましょう。JALとANAのマイルを比べると、特典航空券に必要なマイル数などで見るとJALのほうが優れており、空路をよく利用する方に向いています。一方、搭乗しなくてもボーナスマイルがもらえるANAは、空路をあまり使用しない方に向いています。その他、次のような特徴があります。

JALカードとANAカードの比較

以上がJALカードとANAカードの違いです。以降は各カードについて説明いたします。JALカードとANAカード、自分に合うカードを選びましょう。

JALカードにする! ANAカードにする!

JALカードとANAカードの比較

当サイトおすすめのJALカード

当サイトおすすめのANAカード

まとめ

以上がマイルが貯まりやすいクレジットカードの説明です。マイルを貯めるには、航空会社が発券するJALカード・ANAカードの中からあなたに合った1枚を選ぶようにしましょう。マイルを貯めて素敵な旅行を楽しんでください。

旅行のイメージ

pagetop